Synology DiskStation DS216j ~ 初期セットアップ編




前回の開封、組み立て編に引き続き、DiskStation DS216jの最低限使えるようになるまでの初期セットアップ方法を説明します。

電源投入

ACコンセントを接続し、フロントパネルの電源ボタンを押します。すると、STATUS LEDがオレンジ点滅し、LANとDISK1はグリーン点滅しはじめます。1分ほどでピーッというアラームとともにLANとDISK1は点灯になり、セットアップ出来る状態まで立ち上がったことを示します。

DSMインストール

ブラウザから、http://diskstation:5000にアクセスし、HDD初期化やDSMをインストールしていきます。DSMはインターネットからダウンロードされるため、DHCPでIP取得し、外部のネットワーク環境にアクセスできる必要があります。

設定ボタンをクリックします。

今すぐインストールをクリックします。

HDDデータは初期化されることを了解した上で、チェックボックスにチェックを入れ、OKをクリックします。

DSMのダウンロードとインストールが開始します。ネットワーク環境にも依存しますが、10分程度で終了します。

サーバ名、ユーザ登録

DSMインストール後、自動で再起動など行われますが、しばらく待っていると以下の画面になります。好きなサーバ名とアカウント名を設定します。

DSMアップデート設定

最新ソフトウェアの自動アップデート日時や、HDD故障チェックなどのメンテナンス系の設定を行います。特に好みなど無ければ、デフォルト設定のままで良いと思います。

QuickConnectアカウント設定

SynologyのQuickConnectアカウントを作成することで、自宅以外の外部ネットワークから自身のDS216jにアクセスできるようになります。こちらの設定は任意ですが、外部からアクセスする可能性がある人は設定をお勧めします。

設定したQuickConnect IDがURLになり、外部からアクセスできるようになります。

Synology推奨パッケージのインストール

推奨パッケージをインストールするかどうか任意ですが、こちらもインストールしておいて損はないでしょう。

ここまですべて終わると、デスクトップ画面が出てきます。

アップデート

DSMやパッケージソフトを最新版にアップデートしておきます。インストールしたバージョン次第では、最初から最新版になっている可能性がありますが、私の場合はインストール直後に更新通知がありました。

DSMの場合、「コントロールパネル」→「更新と復元」に進み、「ダウンロード」→「今すぐアップデートする」とクリックします。再起動を伴いますので、少し時間が掛かります。

パッケージソフトの場合、「パッケージセンター」→「インストール済」ですべて更新などをクリックします。