ゲーム好きのAndroidアプリ開発者のブログ

AndroidスマホやAndroidアプリ開発、テレビゲームなどの役立つ情報をお届けしています。

Androidアプリ開発 Chromebook

ChromebookでAndroidアプリをデバッグする方

投稿日:2017年3月22日 更新日:

ChromebookでAndroid StudioからADBデバッグやAPKインストールするための方法の覚え書きです。

動作確認したChromebookはFlip C100PA-RK3288です。以下の手順はChromebook OSバージョン54.02840.101で確認した内容です。

Developerモードに切り換える

リカバリーモードに入る

Chromebookの場合、Android OSとは異なりDeveloperモードに入る必要があります。やっかいなのが、リカバリーモードの操作が必要になることです。以下の手順でDeveloperモードに入る時にChromebookのすべてのデータが工場出荷時の状態にリセットされてしまいます。。。

1. 電源OFF状態から、「Esc」+「リフレッシュ(F4に相当するリロードマークのキー)」+「電源ボタン」を押す

長押しではなく、同時に押して画面が一瞬点灯して消えたかな?という反応した時点で離します。すると、以下の画面になるはずです。

2. 「Ctrlキー」 + 「dキー」⇒ 「Enterキー」

次に、「Ctrlキー」 + 「dキー」を押します。その後、以下の画面で「Enterキー」を押します。

3. しばらく放置

以下の画面でしばらく放置しておきます。するとビープ音が鳴り、デベロッパーモードに入る準備が始まります。

Developerモードに入る

しばらく放置

以下のように画面が変わっていきますが、何もせずにしばらく待ちます。

再起動が複数回行われた後、通常の起動画面が出てきます。これでDeveloperモードに入れました。

通常モードに戻すには?

Developerモードから通常モードに戻す手順についてです。一度Developerモードに入ると、電源OFF⇒ONするために以下の画面が出てきます。

この画面で「SPACE」キーでノーマルモードへ戻ります。ただし、ここでもリカバリ(初期化)が行われるため、注意が必要です。

ADBデバッグするために(Chromebook側の設定)

Android StudioからWiFi経由でのADBデバッグするために、シェル上での設定とADBデバッグの許可が必要です。

VT2(virtual terminal 2)シェルでの設定

VT2のシェル画面に切り替え

ネットワーク設定やGoogleログイン処理などが終わったと、「Ctrl」+「Alt」+「→(F2相当の位置)」キーを押すことでVT2シェル画面に移行できます。

設定など

localhost loginには、chronosを入力します。パスワードは無し(聞かれない)。

次のコマンドを入力します。
chronos@localhost / $ sudo /usr/libexec/debugd/helpers/dev_features_rootfs_verification

Chromebook を再起動します。
chronos@localhost / $ sudo reboot

端末が再起動した後、ログインし、次のコマンドを入力します。
chronos@localhost / $ sudo /usr/libexec/debugd/helpers/dev_features_ssh

※ifconfigなどのコマンドも利用可能なため、ChromebookのIPアドレスも控えておくと良いです(後で利用します)。
※この操作はChromebookを再起動する度に必要です。。

ADBデバッグの許可

Android OSと同じように、設定画面からUSBデバッグを許可してあげる必要があります。設定画面の以下のAndroidの設定をクリックします。

すると、見慣れたAndroid OSの設定画面が出てきます。この後の手順はAndroidと同じで、端末情報 > ビルド番号の項目を7回クリックすることで、開発車向けオプションが表示されるようになります。この後、ADBデバッグをONにしてあげます。

ADBデバッグするために(Android Studio側の設定)

Android StudioのADB接続

開発環境のPC(Android Studio)側から、以下のコマンドを実行します。192.168.3.7の部分はChromebookのIPアドレスになりますので、適切な値に変えて下さい。

$adb kill-server
$adb connect 192.168.3.7:22
connected to 192.168.3.7:22
$adb devices
List of devices attached
192.168.3.7:22 unauthorized
F6AZFG15P118 device

ここまでくると、Android StudioからChromebookがデバイス認識されるようになります。

Android Studioからデバッグ

あとはいつもの手順でChromebook側のデバッグやAPKインストールが出来ます。

参考文献

Chromebookで動作するAndroidアプリにadbを接続する方法
Chromebook デベロッパー(開発者)モードにする方法
Chromebook デベロッパーモードの入り方と出方。
Chromebook 向けアプリの最適化

-Androidアプリ開発, Chromebook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Galaxy S8などの新しい画面サイズ(18:9)の対応方法

Galaxy S8などの最新スマホで出てきた、18.5:9といったアスペクトの画面サイズに対応する方法を紹介します。 対応方法は至って簡単で、AndroidManifest.xmlファイルにandro …

Google Play Billing Library 1.0リリース

Androidアプリ内で課金システムのライブラリをAndroid Studioのgradleビルドシステムで簡単に組み込めるようになりました。 追って、この辺の使い方を書きたいと思います。 参考文献 …

Google Play servicesライブラリ 11.4.0リリース

Google PlayサービスAPIのバージョン11.4.0がリリースされました。リリースノートによると結構変化点がありそうで、バグ修正というよりは機能追加がメインになっています。AdMob用のAPI …